お問い合わせ・資料請求

木村化工機株式会社 総務部採用担当

先輩社員の声

エンジニアリング事業部

藤本 佑弥

エンジニアリング事業部

2019年入社

学生時代

私は大学での学科は数学科で論理的思考を学び、サークルでは吹奏楽部に所属して、団結力を学びました。アルバイトは喫茶店で4年間勤めました。就職活動では、人のためになれるような職に就きたいと考えていました。

木村化工機に入社を決めた理由

当社のことを知り、環境改善を主軸に考えている企業で、アンモニア回収装置や蒸気の再利用は環境改善に近づき、世の中の役に立てると思いました。福利厚生の面でも、週休2日であり、年間休日も120日以上あることも魅力でした。そこで、当社に入社を決めました。

現在の仕事

入社後、希望したエンジニアリング事業部の技術部に配属され、環境改善に関する仕事をしています。技術部ではプラントの設計、フローシート、配置、機器図、強度計算を行い、関係部署と主に工場ですが、打合せや調整を行います。

仕事のやりがい

自分が主設計担当した案件が実際にプラント設備になり、その完成した姿を自分の目で実感できることに魅力を感じております。

仕事で印象に残っていること

入社1年目でプラント設計の主担当をさせて頂いたことがうれしかったです。また、実機規模のパイロット設備のアンモニア除去装置の設計に携わり、それが実際に装置として完成して、試運転まで完了できたことがうれしかったです。

今後の目標

今後、様々なプラント設計に関わって、その中で知識、技術をさらに身につけて、何か一つで良いので誰にも負けないものを身につけたいです。

入社して分かった木村化工機の魅力

当社は機器の製造ができる尼崎工場を所持しています。技術部は本社勤務なので尼崎工場と同じ場所にあります。設計した機器が工場で製作されるので製作過程から見る事が出来ます。また、工場が同じ敷地にあるので、社内打合せがタイミングよくできて便利です。私自身は技術部での経験が少ないので、悩む事もありますが、先輩や上司と相談しやすい環境にあるので、乗り越える事ができます。

就職活動中の皆さんへのメッセージ

入社前にイメージしていたことと、入社後に自分が思っていたことと多少は違うところは出てくると思います。些細な事を気にするのではなく、大きな目線をもってほしいです。私は、仕事を通して社会に役立つことや、技術を身に着けることを重視しました。その点で、私は当社に入社できたことを後悔したことはありません。

採用に関するお問合せ